伊豆急行線が開業したことで、伊豆を訪れる観光客は激増

列車の増発がかなりあり、名前もどんどん増えていきます。そして走る区間も伊豆方面から東京だけではなく、日光と伊豆を結ぶ区間も登場します。日光も日光東照宮があり日本を代表する観光地のひとつなので、日光方面から伊豆へと向かう人たち。そして伊豆方面から日光方面へ旅行する人たちと、列車は大人気となりました。列車の速度もかなり速いので、とても便利になりました。そして伊豆急行線が開業したことで、伊東からさらに先の下田方面へと伸びています。

電車の旅

~昭和31年から昭和34年~

  • 昭和31年(1956年)11月・・・東京駅⇔ 伊東駅・修善寺駅間に、土曜は下りで日曜は上り運転の準急を増発します。そしえこの列車は「たちばな」と命名されました。
  • 昭和32年(1957年)10月・・・「いでゆ」の5分先行する時刻で、不定期準急の「十国」が東京駅⇔ 熱海駅間に設定されました。そしてこの当時は、どの列車も二等車と三等車の両方が連結されていたのに対して、「十国」は三等車だけを連結しました。
  • 昭和34年(1959年) 4月・・・「伊豆」「はつしま」は、列車指定の準急券販売制をさらに発展させるかたちで、全車座席指定席となりました。そしてこの時に、同じく列車指定の準急券販売が行われていた「いでゆ」「十国」「たちばな」も、座席指定席制へ改められることになり、新たに全車座席指定制の不定期準急の「おくいず」が東京駅 ⇔ 伊東駅間に、土曜日に上りのみ伊東⇔ 東京間運行の準急が設定されました。この列車にはネーミングがされていません。そして「たちばな」は、伊東方面だけが毎日運転となりました。
  • 昭和34年(1959年)4月10日・12日・・・4月10日に皇太子明仁親王(現:今上天皇)と正田美智子(現:皇后)との結婚式が催さました。国鉄は皇太子のご成婚を記念して東京駅⇔ 伊東駅間に臨時準急の「ちよだ」を運行させますが、車両には特急「こだま」用のモハ20系電車で運行しました。ちなみにこのモハ20系が準急に使用された唯一の例になるものです。
  • 昭和34年(1959年)6月・・・「伊豆」が、80系電車より性能・設備などですぐれる153系電車に置換えられました。これ以後「いこい」をのぞいた、ほかの電車列車も順次153系電車へ改められていきます。
  • 昭和34年(1959年)9月・・・伊豆箱根鉄道駿豆線の架線電圧が600Vから1500Vに昇圧しました。
  • 昭和34年(1959年)11月・・・今まで三等車のみで運行されていた「十国」にも二等車が連結されました。
  • 昭和36年(1961年) 3月・・・日光駅⇔ 伊東駅間に、今まで東京駅 ⇔ 日光駅間を運行していた準急の「日光」を延長する形で、「湘南日光」の運転が開始されました。「湘南日光」は季節によって利用状況が異なると推定されたことから、シーズン毎に日光駅⇔ 東京駅間の「第2日光」、東京駅⇔ 伊東駅間の「臨時いでゆ」に分けて運転されました。そしてこの時に、「伊豆」が上りで1本増発されています。この「第2伊豆」は、「湘南日光」または「臨時いでゆ」の間合使用となっていて、「第2伊豆」を運転した場合には、翌日に品川駅から伊東駅へ送り込み回送列車を運転して、上りの「湘南日光」または「臨時いでゆ」に充当されました。「湘南日光」は、東京駅をスルー運転する優等列車というとても珍しいものになりましたが、湘南を観光した後に日光へ向かうお客や、またその逆の客は多かったため、好評を「湘南日光」となりました。車両は特急列車並の設備を持った157系電車を使用しています。
  • 昭和34年(1959年)10月・・・新宿駅 ⇔ 熱海駅間の「あまぎ」は廃止されて、新たに「たちばな」が改称されてこの列車が「あまぎ」を名乗るようになりました。上りの「たちばな」は「伊豆」の増発列車扱いになりました。そして「十国」は廃止となり、「いでゆ」は増発されて、下り2本と上り3本になりました。

ぶらり温泉旅

伊豆急行線の開業後~昭和36年から昭和38年~

  • 昭和36年(1961年)12月・・・伊豆急行線の開業で、「伊豆」のうち1往復と「おくいず」が伊豆急下田駅まで乗り入れるようになりました。
  • 昭和38年(1963年) 3月・・・「湘南日光」を165系電車に置換えました。そして設備面では、153系電車と同等になりました。
  • 昭和38年(1963年)10月・・・それまで土・休日運転だった「おくいず」が、定期列車に格上げされました。
  • 昭和38年(1963年)12月・・・「あまぎ」が伊豆急下田駅に乗入れを開始しました。
伊豆にいこう
留学先の学校の保険加入条件や、現地での住まい、ビザ取得時の保険加入条件なども考慮するポイントとなります。留学保険・海外旅行保険でお困りの時はいつでもお気軽にご相談ください。
踊り子号に乗って伊豆へ行こう

踊り子号に乗って東伊豆の温泉でほっこりとリラックスした時間を楽しみましょう。

踊り子号に乗って伊豆へ行こう